« NA先生の熱血指導 | トップページ | 結局はプリエ »

どう言ってあげたらいいか

こう言ってはなんだが、私は自分で自分のバレエの欠点を良くわかっている。

良くわかっているが、なかなか直せない。
まずはとても緊張しやすい。  緊張しやすいから無呼吸になって、さらに硬さに拍車がかかる。
それにとにかく自分に自信がない。
だからどうしてもちまちまとした動きになってしまう。
それにどうどうと顔を上げて踊れない。 これは踊る時だけではなく、日常でも人の目を見て話せない。
他人と目が合うと、ドキドキするし、緊張するし、何よりも自分の人間性に自信がないからどうしても下を向いてしまう。

基本、褒められて育ってきてないからなぁ…。

とにかく、この基本的な性格がバレエをするうえでとっても邪魔になっている。
なんとかしてこの殻を破りたいと常日頃から思っているんだけど、そうは簡単にいかない。

この事はNA先生もお見通しで、先生だって、いい加減堂々と指導した通りにバレエを踊ってほいいと思っている。
言葉を変えて、アプローチを変えて、色々指導してくれるが、どうしても私の方が今一歩を踏み出せない。
先生から見るとイライラするんだろうな、こんな生徒。

今日、NA先生が発した言葉。
「どう言ってあげたらいいんだか・・・・。」

この言葉が全てを物語ってるよね。

|

« NA先生の熱血指導 | トップページ | 結局はプリエ »

レッスン日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どう言ってあげたらいいか:

« NA先生の熱血指導 | トップページ | 結局はプリエ »