« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

小品の振付、再確認

小品の振付、覚えたつもりになっていたが、今日、動いてみて、全然覚えられてない事が判明。

覚えが悪いとは思っていたがここまで悪いとは…ね。

私のパートは初心者クラスなのにね。
一概に年月では計れないけど初心者の人より○0年やってる私が全く踊れないというのはやっぱり問題だと思う。

才能も足りないし、努力も足りないって事なんだろうな。
凹むなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大化していく身体とポワント

発表会が終わってほぼ2ヶ月。
特別生活スタイルは変化していないのに、身体がどんどん巨大化していく。

超ご近所教室の発表会が近づいてきているのにこれはヤバい。

これ以上太るわけにはいかない。
それにせっかく立てるようになったポワントも再びへなちょこ街道にまっしぐらに向かっている。

何とか市内と、マジでヤバい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小品振付

今日は小品の振付。

今回の振付の曲は、以前、オープンクラスの発表会で踊った事がある。
あの時は両膝に水が溜まってしまい、楽屋から舞台への移動も大変だったし、何カ所かある座るポーズの度に激痛に耐えたっけ。

共に創作作品なので振付に共通点はない。

いざ、振付が始まってみるとこれが難関だった。
ネオクラシックという感じの振付でこの手の踊りが苦手な私としては、覚えきれる自信がない。
それに、所々、昔の振付が頭の中で混同してしまうしね。


そういう事を考えるとプロのダンサーってすごいなぁって思う。

これ、本番までに間に合うように覚えられるのかな?

こっちでのレッスン回数、増やさないと無理だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nの逝去

昨日、NA先生からメールが来た。

Nは手術を待てずに逝ってしまったらしい。

『立派な太い骨でした。』とメールにはあったけど、時間を確認すると、昨日のレッスン終了後間もなく逝ってしまった事になる。

先生も溺愛していたし、スタジオのアイドル的な存在だったからもう会えないかと思うとすごく寂しいし、悲しい。


Nの冥福を願って…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N重体

今日、いつも通りオープンクラスに行ったらYO先生の代講だった。

木曜日にYO先生が代講する事は極めて珍しいしね。

「N、倒れちゃってNA先生が病院に連れて行っているのでYO先生の代講ですよ。」
受付でSUちゃんにそう言われた。

NはNA先生が飼ってる愛犬。
YO先生の代講は嬉しいけど、Nの様子がとても気になる。

SUちゃんの話だと明日、手術らしい。
今日倒れて、明日のオペってことは手術したら助かるってことかな?

とりあえず、N、お大事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプをやってみた

今回の怪我はやっぱりあまり重症じゃないみたいで、回復が自分の想像より早い。

なので今日はプチジャンプにチャレンジしてみた。
ジャンプしても痛みはないし、この分だと来週にはグランジャンプが跳べそうだ。

膝は大事にしないとね。

あの苦しみは懲り懲りだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプは見学

膝のロッキングがやっとはずれたばっかりなのに、もう、今日はレッスンを再開しています。

相変わらず我ながらバカだなぁと思うんだけどね。


一応念入りにテーピングしてレッスンに臨んだ。
「無理しないでね。」
NA先生の言葉とは裏腹に無理を要求する。


バーはバーがあるのである程度頑張れた。
今回はロッキングだけだったので、又、半月版が挟み込まれないように注意を集中。

特別、痛みもないので一安心。
今回はあまり重傷じゃ無かったみたいだ。

良かったぁ。

でも一応、念の為、膝に負担のかかるジャンプは止めておこう。
ということで、ジャンプは見学。

怪我も何度もやってると感触でどこまで動けるかのボーダーラインがわかる。
もっと違うものがわかるようになりたいよ(笑)


たまに見学して他の人のジャンプを見ていると、足の裏の使い方が人、様々な様子がわかって面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K整骨院

期待は見事に裏切られた。

横になって眠れないので、タンスにもたれかかってうとうとと朝を迎えたのだが、ロッキングは外れず、猛烈な痛みは残ったままだった。

この状態でどうやって病院に行こう?

病院にはカエルが連れて行ってくれるが、車までどうやって移動しよう?
ケンケンは出来ないし、おんぶもダメ。


それでも何とかなるもので、表現に困る不細工さで何とか家を出、車に乗り込み、整骨院に運び込まれた。


整骨院を選んだのは、こういったときは整形外科と違い技術があるだろうということ。

近所にたくさん整骨院があるけど、ここを選んだのはヨーダの友達が働いてると聞いていて名前に聞き覚えがあったから。


治療台に移動するのもままならない状態なのに、長い問診。
その後、治療院のシステムの説明。
さらに治療方針の説明。
正直、どうでもいいから膝を動くようにしてくれて、痛みを取ってくれればそれだけでいいんですけど!と叫びそうになった。

それでも餅は餅や。
治療が始まるとあっという間まに膝のロッキングが外れ、痛みが無くなった。


もう一日早かったら、Iちゃんとお別れ、言えたのにねぇ。


これで、又、動けるようになるまで時間がかかるがしょうがない。
自業自得だしね。
焦らないで少しずつ戻していくしかないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左膝

今日はドイツにバレエ留学するIちゃんが最後のレッスンに来る日だったんだよね。

アドレスを交換する約束だったから、早々準備を整え、後は出発を待つばかりだったんだけど、こんな時に限って事件は起こる。

出かけようと立ち上がろうとした瞬間、左膝がロッキングしてしまい、猛烈な痛みに襲われた。

しまった!!

出発時間のタイムリミットまでにこのロッキングを外せるだろうか?
膝のロッキングを外すのって素人には難しいんだよね。
過去に何度もチャレンジしてるけど、一度も成功したことはない。

しかも痛さ的には今までの中でMAXに痛い。


結局はロッキングは外れず、レッスンは断念せざるを得なかったが、そんな事より、横にもなれないし、座っていることも出来ない。

救急車を呼んだ方がいいのかな?
でもちょっと前にもお世話になったばっかりだしな。
どうしょう?

だいたい、この状態で担架に乗れないしね。

朝までの間にひょっとして何かの拍子にロッキング、外れるかもしれないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体力がぁ…

ここの所、すっかり体力が落ちた。

発表会の練習をしていても息切れがする。
年齢のせいなのか、病気のせいなのか、それともレッスン量の多さが原因か?

車や自転車に乗れなくなってから、公共交通機関以外は全部徒歩だしね。
色んな関節が痛いのに、長距離の歩行はかなり辛い。

とにかく体力が圧倒的に足りない!
悲しいかなどんどん弱っていく自分が情けない。

家人達に迷惑をかけているのも心苦しい。

仕事をするためにバレエが出来ないのも本末転倒だしなぁ…。

弱ってるのは体力だけじゃないんだよねぇ。
心もどんどん弱ってきた。

浮上のきっかけもないしなぁ。
どうしたもんだろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I先生の代講

NA先生がお出かけなので、代講はI先生。

相変わらずI先生は上級者対象にすっ飛ばす。
上級者になりきれない私はなんとなぁくレッスンを受けるだけ。

どこでも、どんな先生でも臆せず踊れるようになれるといいなぁと思うけど、そんな日は永久に来そうにないな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の中のYO先生と現実のYO先生

変な夢を見た。

バレエ関係の夢は滅多に見ないんだけど、何故だか夢にはYO先生が登場してきた。

どこかのエレベーター前でYO先生が他のバレエの先生と思われる人達と話をしていた。
挨拶をしようと思い、先生の方に近づこうとしたとき、「実はね、大人の生徒さんで困った生徒さんがいるのよ。」と聞こえたので、思わず隠れてしまった。


「レッスンには熱心に通って来るんだけど、いくら言っても全然上達していかないのよね。ただ来てるだけで、本当はやる気がないんじゃないのかなって思っちゃうのよね。」
誰のこと?
ひょっとして私のこと?

YO先生は同じバレエ団系列で色んな教室で教えてるからなぁ。
「オープンスタジオの生徒なんだけど、身体も堅いし、内脚もひどいし、もう4年ぐらい見てるけど全然上達しないのよねぇ。発表会の度に手が掛かるし。」

あ〜!
間違いなく私の事だ…。


いつもニコニコ優しいYO先生が本当はそうな風に思ってたんだ。

「YOが優しいから甘く見てるのよ。冷たくしてみれば?」


やっぱり、こんなに頼りきっちゃうとうざい生徒だって思われて当然と言えば当然だよね。

で、ここで目が覚めた。

現実にはいつも通りの優しいYO先生がいたんだけど、もう少し自立しないとね。


でも、本当はそう思ってたらどうしよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真っ直ぐ立てた!

超ご近所教室のMA先生のお父様の具合が悪く、先生は実家へ。
なので代講はTOちゃん。

最近ではどちらかと言うと、MA先生よりTOちゃんのレッスンの方が好きだ。
身体の隅々まで使った感じがあって、引き上がり感も結構良い。

それに注意が全員へと公平だ。

私はどうしても腰の反り返りが気になる。
これさえなければ、見た目、もう少し何とかなるんじゃないかなぁと思うんだけど、悲しいかな、自分で直せない。

TOちゃんも私の腰の反り返り具合が気になるらしい。
で、肩甲骨の下辺りを撫でられた。
そしたらどういうことか、腰が真っ直ぐに!

ただねぇ…。
そこで立ってられないんだよね。
自分で居心地の良いところに行っちゃうのかなぁ。

「パルナさん、超真っ直ぐです!」

なるほど。
鏡で確認してみると確かに真っ直ぐ。

こうやって真っ直ぐに立てるなら、案外、見た目、悪くないのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和菓子のよう

何が和菓子?

私の今日のレッスンウェアがです。

今日はオリーブ色のホルターネックのレオタード。
なのでスカートは黄色。
脚が細くなるようにと、タイツはピンチタイツ。

これが失敗だった。

スリムな体型の若者だと何の問題もないんだけど、中年おばさんの私は全体に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はスルー

NA先生に木曜日にがっかり絡まれるから、基本的には土曜日は指導が緩くなる。

土曜日にしか来ない生徒さんに指導に重点がおかれる。
ということで、今日はありがたい事にスルー。

全く注意されないわけじゃないけど、これくらいが変に緊張もせず、丁度いい感じがする。

でも又、絞られるんだろうなぁ、木曜日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YO先生のポワントなのにこの失態

発表会後、初めてYO先生のクラスでのポワント。

そのポワントも発表会の前日にスポーツドリンクに水没させたやつ。
乾かしたし、本番の時に大丈夫だったから大丈夫だと思ってたんだけどね。

くにゃくにゃで使い物にならないポワントになっていた。

ただでも危なっかしい足取りなのに、こんなポワントじゃ何にもできなかった。

YO先生、いらっとしただろうなぁ。
やる気が無いように見えただろうなぁ。
YO先生の目の前で、とんだ失態だよ。

私って、教え甲斐のない生徒だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい色々な課題

私がNA先生のスタジオにはや10年。

自分の中では何も進歩を感じないまま時が過ぎてしまった感じだ。

でもたとえ大人から始めたとはいえ、10年にもなるとキャリア組にカウントされるらしい。
ましてやお馬鹿な私は週1じゃなく、週3〜4日のレッスン数だしね。

「パルナちゃんももう10年もやってるんだから、いい加減、自分で出きるようになりなさい!」

そんな事言われても、自分に自信がないからなぁ。
上手な人の後ろでそれっぽく動ければいいんだけどなぁ。

「アレグロもジャンプもちゃんと出きるようにならないとね!」

ひぇ〜!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの火曜日の超ご近所教室

発表会が終わったので、もともとレギュラーで通っていた超ご近所教室の火曜日にレッスンに来てみた。

久々なのですごく緊張した。

特に私は空気が読めない奴なので、知らず知らずのうちに人を傷つけるところがあるので、久しぶりだったりすると要注意。

先生に15年ぐらい習ってるからといっても、曜日を決めて通ってないからビジター同然だもんね。
ここはほとんどの人がお月謝だから曜日が定着してるもんね。

まだしばらくは火曜日と水曜日を行ったり来たりだから、レギュラーの人達に不愉快な思いをさせてしまう。

なるべく目立たないようにと思ってるんだけど、どうしても悪目立ちしてしまう。

しっかり振付を覚え切れてないから、これからしっかり覚えていかないといけないんだけど、やっぱりちょっと行きにくい。

馴染めるかなぁ。

こんなに敷居の高さを感じるって事は、ホームじゃないって事だよね。
ここでの発表会、これが最後になるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »