« 固いポワントと固い背中 | トップページ | お尻 »

コッペリア

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団
2008年日本公演
「コッペリア」全3幕

2008年1月15日(火) 18時30分開演 ゆうぽうとホール

音楽:
振付:




   スワニルダ:
   フランツ:
   コッペリウス博士:

≪第1幕≫
   スワニルダの友人:

   市長:
   宿屋の主人:
   コッペリア(人形):
   ジプシー:
   マズルカ、チャルダッシュ:


≪第2幕≫
   東洋の人形:
   スペインの人形:
   スコットランドの人形:
   兵士の人形:


≪第3幕≫
   公爵:
   側近:
   鐘の儀式
   時の踊り:
   暁:
   祈り:
   仕事:



   婚約:
   闘い:




   平和:

   

レオ・ドリーブ
マリウス・プティパ、エンリコ・チェケッティ
ピーター・ライト



吉田都
イアン・マッケイ
マイケル・オヘア


ナターシャ・オウトレッド、ヴィクトリア・マール、ジャオ・レイ、
平田桃子、アランチャ・バゼルガ、ジェンナ・ロバーツ
ジョナサン・ペイン
ロリー・マッケイ
ソニア・アギラー
シルヴィア・ヒメネス
サマラ・ダウンズ、アニーク・ソーブロイ、
ジェームズ・グランディ、スティーヴン・モンティース


クリステン・マギャリティ
セリーヌ・ギッテンス
アーロン・ロビソン
ジェームズ・バートン、
ナサナエル・スケルトン


トム・ロジャース
ナサナエル・スケルトン

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団
ジャオ・レイ
ナターシャ・オウトレッド
キャリー・ロバーツ、クリステン・マギャリティ、
アニーク・ソーブロイ、アランチャ・バゼルガ、
セリーヌ・ギッテンス、ディアンヌ・グレイ、
サマラ・ダウンズ、ローラ=ジェーン・ギブソン
平田桃子、ジョナサン・カグイオア
山本康介
ファーガス・キャンベル、アーロン・ロビソン、
ヴァレンティン・オロヴャニコフ、ロバート・グラヴノー、
マティアス・ディングマン、ジェームズ・バートン、
キット・ホルダー、リチャード・スミス
吉田都、イアン・マッケイ

今年2本目の舞台はバーミンガムのコッペリア。
実はまだ、ピーター・ライト版というのを見た事がない。
超楽しみで開演前からわくわくしていた。

都ちゃん人気の成果、入口には大入の札が出ていて、立見も出ていた。
開演そうそうセットの美しさにまたもや圧倒されてしまった。これが伝統と歴史を持つ美術か。
衣装も当然、素敵。なんていうか決して明るくない色合いだけど、この何ともいえない色合いの奥深さがイギリスらしい。ロシアともフランスとも色合いが違うけど、気品があるっていうか。

登場から都ちゃんはかわいい。
いつも気になるメイクも今日は薄め?っていうか違和感がなかった。
相変わらず軽やかな脚裁き。オーケストラの演奏と一体になってさらに軽やかに見える。
フランツは「美女と野獣」で野獣役だったマッケイ。
あの時はほとんど着ぐるみだったので素敵なダンサーかどうか判別できなかった。
1幕冒頭のマズルカは非常に見応えがあった。都ちゃんの音取りの良さはいつも特別目立つのだが、ここのバレエ団は全員が音取りがいいのでさほど目立たない。
その見事な音取りの良さで踊られたマズルカは圧巻だった。
う~ん、1番かっこいいマズルカかも!

期待のマッケイは私の中ではヒットしなかった。
なんていうかちょっと爪先の処理がちょっと中途半端っていうか、ジャンプも斜めに飛び上がるので着地が不安定だし、見た目もあまり美しいジャンプとはいい難い。
都ちゃんの相手としてはちょっとランクが違うかな?って感じてしまった。
それとも経験値の差?

それでも「美女と野獣」で魅せてくれたマイムは丁寧で、上手だ。
コッペリアはもともとストーリーが面白いけど、わかりやすさがパワーアップして面白い。

2幕のコッペリウス博士の部屋の人形達もよくできていた。
もちろん人間なんだけど、本当に微動だにしないんだね。なのに、動き出す時は機械仕掛けの人形のようにいきなり動き出す。
コッペリウス博士のオヘアも味のある博士を好演。
こういう隅々までが行き届いている。

3幕のお気に入りは闘いの山本君。
「美女と野獣」の時はカラスだったんだけど、顔はマスクがついていたのでよくわからなかった。
今回はカラスとは対照的に白タイツ。外人の中だとかなり小柄で、登場の時は子供かと思ってしまった。
プログラムの写真よりかわいい。ちょっと目立つ太腿で跳ぶジャンプはフランツのマッケイより癖もなく、ラインも美しい。身長的にはちょっと不利かもしれないけど、これからの活躍が楽しみなダンサーかな。
プティ版の3幕も博士の悲哀が良く描かれていて面白かった。
ピーター・ライト版も最後に本当に奇跡が起こりそれなりに面白い。
でも私としては踊って踊って盛り上がるコーダで終わる版が好きかな。
平和の踊りをスワニルダとフランツが踊る関係上、グランパの構成がちょっと違って期待の音でのグランパにはならなかったのもちょっと3幕を観た!って感覚が不発に終わった原因かな?

今回の舞台の楽しんだぞ度は☆☆☆☆。
次は2月のマラーホフ!

バレエ タイツ バレエ タイツ

販売元:JEWEL
楽天市場で詳細を確認する

|

« 固いポワントと固い背中 | トップページ | お尻 »

バレエ観賞記」カテゴリの記事

コメント

いもさん、こんにちは。
コメントですが表示するまで少し時間をいただいてます。
すいません。
コッペリアの事での質問って何でしょうか?

投稿: パルナ | 2008年9月 6日 (土) 17時57分

コッペリアのことで質問したいことがあるのですが、よろしいでしょうか?

投稿: いも | 2008年9月 6日 (土) 02時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/455417/9974395

この記事へのトラックバック一覧です: コッペリア:

« 固いポワントと固い背中 | トップページ | お尻 »