2012年バレエ鑑賞記

2012年バレエ鑑賞記録
    A:すんごく良かった、また観たい!
    B:良かった!
    C:普通かなぁ〜?
    D:ちょっと残念
    E:よくわかんない・・・・
    F:もう見ない

⑦3/10(土)モナコ公国モンテカルロ・バレエ団 2012年日本公演<Bプロ>→A★★★★ 
       「シンデレラ」プロローグ付き全3幕
        振付: ジャン=クリストフ・マイヨー
           仙女:サラ・ジェーン・メドレー
          父:アルヴァロ・プリート
          シンデレラ:アンハラ・バルステロス
          王子:ジェローン・ヴェルブルジャン
          継母:カロリン・ローズ
          義理の姉たち:ガエラ・リウ、ノエラニ・パンタスティコ




⑥3/7(水)モナコ公国モンテカルロ・バレエ団 2012年日本公演<Aプロ>→A★★★
      「シェエラザード」
           振付:ジャン=クリストフ・マイヨー (ミハイル・フォーキンへのオマージュ)
          愛妾ゾベイダ:小池ミモザ
          シャリアール王:ガエタン・モルロッティ
          シャゼーマン (王弟):レアルト・デュラク
          宦官長:ロドルフ・ルカス
          金の奴隷:アレクシス・オリヴェイラ、ジェオルジェ・オリヴェイラ

      「ダフニスとクロエ」
           振付:ジャン=クリストフ・マイヨー
          アンハラ・バルステロス-ジェローン・ヴェルブルジャン
          ベルニス・コピエテルス-クリス・ローラント
      「アルトロ・カント 1」
           振付:ジャン=クリストフ・マイヨー
          「その憐れみは」 Et Misericordia 
            カロリン・ローズ、小池ミモザ
          「主は御腕にて力をあらわし」 Fecit potentiam
            サラ・ジェーン・メドレー、シヴァン・ブリッツォーヴァ、アンハラ・バルス
 
            テロス、エイプリル・バール、            
            カロリン・ローズ、ベアトリス・ウァルテ、ノエラニ・パンタスティコ、小池
            ミモザ、モード・サボラン
          「権力あるものをその座よりおろし」 Deposuit
            カロリン・ローズ、小池ミモザ、ノエラニ・パンタスティコ、エイプリル・バ
            ールラン
          「主は憐れみを忘れず」 Suscepit Israel
         「われらの先祖に告げたまいしごとく」 Sicut locutus est
            クリス・ローラント、ジェローム・マルシャン
          「父と子と聖霊に栄光あれ」 Gloria Patri
         「初めにあったように今もいつも」 Sicut erat
                   
クリス・ローラント、ジェローム・マルシャン、ラモン・ゴメス・レイス
          「シンフォニア・グラーヴェ」 Sinfonia Grave
            ジュリアン・ゲラン、ラファエル・ボシャール、
            ブルーノ・ロケ、ステファ 
            ン・ボルゴン、アシエ・エデソ、
            ジェローン・ヴェルブルジャン、ジェオルジェ・オリヴェイラ、レアルト・デ
            ュラク
          「今や天も地も」 Hor che'l il ciel e la terra
                   ベルニス・コピエテルス、クリス・ローラント、ジェローム・マルシャン、
            ジュリアン・ゲラン、

            ラファエル・ボシャール、ブルーノ・ロケ、ステファン・ボルゴン、アシエ・
            エデソ、
            ジェローン・ヴェルブルジャン、ジェオルジェ・オリヴェイラ、レアルト・デ
            ュラク 
          「コラシオーネ」 「トッカータ・アルペッジアータ」 Colascione et Toccata Arpeggiata
            ベルニス・コピエテルス、ラモン・ゴメス・レイス
          「他の者は軍神マルスのために歌う」 Altri Canti di Marte
            ベアトリス・ウァルテ、ラファエル・ボシャール、小池ミモザ、
            ブルーノ・ロケ、カロリン・ローズ、
            ジェローム・マルシャン、クリス・ローラント、サラ・ジェーン・メドレー、シ
            ヴァン・ブリッツォーヴァ、
            アンハラ・バルステロス、エイプリル・バール、
            ノエラニ・パンタスティコ、モード・サボラン、レアルト・
            デュラク、ステファン・ボルゴン、アシエ・エデソ、
            ジェオルジェ・オリヴィエラ、ラモン・ゴメス・レイス
           「さえぎられた希望」 Interrotte speranze
            モンテカルロ・バレエ団


   

⑤2/22(水)アリーナ・コジョカル・ドリームプロジェクト Bプロ→A★★★
       「ラリナ・ワルツ」
        振付:リアム・スカーレット
           アリーナ・コジョカル、ローレン・カスバートソン、ロベルタ・マルケス
           ヨハン・コボー、スティーヴン・マックレー、ワディム・ムンタギロフ、セル  ゲイ・ポルーニン
      「タランテラ」
        振付:ジョージ・バランシン
           ロベルタ・マルケス、スティーヴン・マックレー
      「くるみ割り人形」より グラン・パ・ド・ドゥ
        原振付:ワシリー・ワイノーネン
           ダリア・クリメントヴァ、ワディム・ムンタギロ
      「ディアナとアクテオン」
        振付:アグリッピーナ・ワガノワ 
           ローレン・カスバートソン、セルゲイ・ポルーニ
      「椿姫」より 第3幕のパ・ド・ドゥ
        振付:ジョン・ノイマイヤー
           アリーナ・コジョカル、アレクサンドル・リアブコ
           三原淳子(ピアノ)
      「ザ・レッスン」
        振付:デザイン:フレミング・フリント 
           教師:ヨハン・コボー
           生徒:アリーナ・コジョカル
           ピアニスト:ローレン・カスバートソン
      「ドン・キホーテ」 ディヴェルティスマン
        原振付:マリウス・プティパ 
           アリーナ・コジョカル、ローレン・カスバートソン、ダリア・クリメントヴァ、     ロベルタ・マルケス、
           ヨハン・コボー、スティーヴン・マックレー、ワディム・ムンタギロフ、セルゲイ・ポルーニン
           高村順子、西村真由美、乾 友子、高木 綾、奈良春夏、田中結子、吉川留衣、岸本夏未

④2/18(土)牧阿佐美バレエ団「ノートルダム・ド・パリ」→D
                   振付:ローラン・プティ
     エスメラルダ:マリーヤ・アレグザンドロワ
     カジモド   :菊池研
     フロロ    :中家正博
     フェビュス  :逸見智彦





     ③2/8(水)Kバレエカンパニー「シンデレラ」→B
                   振付:熊川哲也
     シンデレラ:東野泰子
     王子    :秋元康臣
     仙女    :浅川紫織
     シンデレラの義姉妹:岩渕もも/湊まり恵
     継母    :ルーク・ヘイドン
         


②2/2(木) Love from Paris エトワール ~フランス・バレエのエレガンス~→B
                    「ベニスの祭り」よりサタネラのパ・ド・ドゥ
                     振付:マティウス・プティパ
                        シャルリーヌ・ギゼンダナー
                        ヤニック・ビトンクール
                    「カラヴァッジオ」第1幕より
                     振付:マウロ・ビゴンゼッティ
                        ミリアム・ウルド=ブラーム
                        マッチュー・ガニオ
                    「コッペリア」第2幕より
                     振付:ミハイル・バイシニコフ
                        マチルド・フルステ
                        フロリアン・マニュネ
                    「ドガの小さな踊り子」第1幕より【日本初演】
                     振付:パトリス・バール
                        シャルリーヌ・ギゼンダナー
                        ヤニック・ビトンクール
                    「ドン・キホーテ」第3幕より
                     振付:マティウス・プティパ
                        ドロテ・ジルベール
                        ジョシュア・オファルト
                    「ドリーブ組曲」アダージオ
                     振付:ジョゼ・マルティネス
                        シャルリーヌ・ギゼンダナー
                        ヤニック・ビトンクール
                    「ミューズを率いるアポロ」
                     振付:ジョージ・バランシン
                        ミリアム・ウルド=ブラーム
                        マチルド・フルステ
                        シャルリーヌ・ギゼンダナー
                        マチュー・ガニオ
                    「オーニス」
                     振付:ジャック・ガルニエ
                        ジョシュファオファオルト
                        フロリアン・マニュネ
                        ヤニック・ビトンクール




                     


①1/31(火) ボリショイ・バレエ 「スパルタクス」→A★★★★
                     振付 :ユーリー・グリゴローヴィチ
               
      スパルタクス(剣奴、反乱の指導者) :イワン・ワシーリエフ(ミハイロフスキー劇場プリンシパル・ダンサー)
      クラッスス (ローマ軍の司令官)     :アレクサンドル・ヴォルチコフ
      フリーギア(スパルタクスの妻) :スヴェトラーナ・ルンキナ
      エギナ(娼婦、クラッススの愛人) :エカテリーナ・シプーリナ

          http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_1_6?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Ddvd&field-keywords=スパルタクス+ボリ

               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照明合わせ

発表会まであと1ヶ月半。

そしてこの時期に照明合わせ。
まだ、全員でのリハーサル回数もそんなにこなしてないし、舞台監督さんに見せられる踊りには全然なっていない。

しかも、この日の私の体調はかなり悪かった。
練習する事に一生懸命だったけど、よく考えれば、本番をこんな体調で迎えるってこともあるって事だ。
想定してなかったな、そういう事。
多少、テンションがあがるから、その分を差し引いても、眩暈はどうしようもない。

それにしても、未だに覚え切れてない振付。 これは、完全に自己責任。
どうしようかねぇ、この状態。 踊りも全然、揃ってないしね。

照明合わせだったけど、大人の衣装は間に合わず・・・。
動きが大きいし、大勢でいっぺんに踊るのに、本当に動けるのか、不安だし。
どうせなら、もうちょっと後に照明合わせをしてくれたら良かったのにねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局はプリエ

ここのところ膝の痛みも、股関節の調子も安定してきた。

まぁ膝は、相変わらず半月版が関節に挟まって、かなり痛んだり、センターでグランプリエができなかったりする事があるが、階段の上り下りが出来ないほどにはならないので少し嬉しい。

股関節はひどく痛む日と、そうでない日の差が激しく、痛まない時はアンディオールをかなり意識する気になるが、そうでない時はひどい内脚でどうしようもない。
こんな時は痛みに気が取られ、アンディオールのかけらもない。

「パルナちゃん、ちゃんとプリエをして!」

そう。
私はプリエが苦手だ。

やっぱり股関節が硬いと、膝が足先方向に向いて開かない。
これが徹底的な欠点だよね。 もう少しでも股関節が柔らかかったらなぁ。

前回の発表会の時から比べると股関節の痛みは格段に良くなったけど、それでもまだまだロボットのようにギクシャクか動かない。

それにしもてプリエねぇ…。

これってバレエの基本だもんね。
柔らかいプリエが出来ればもっと動きの幅も広がると思うんだけど、この硬さじゃねぇ。

一応、ストレッチ、してるんだけどね。
結局はプリエがカギって事だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どう言ってあげたらいいか

こう言ってはなんだが、私は自分で自分のバレエの欠点を良くわかっている。

良くわかっているが、なかなか直せない。
まずはとても緊張しやすい。  緊張しやすいから無呼吸になって、さらに硬さに拍車がかかる。
それにとにかく自分に自信がない。
だからどうしてもちまちまとした動きになってしまう。
それにどうどうと顔を上げて踊れない。 これは踊る時だけではなく、日常でも人の目を見て話せない。
他人と目が合うと、ドキドキするし、緊張するし、何よりも自分の人間性に自信がないからどうしても下を向いてしまう。

基本、褒められて育ってきてないからなぁ…。

とにかく、この基本的な性格がバレエをするうえでとっても邪魔になっている。
なんとかしてこの殻を破りたいと常日頃から思っているんだけど、そうは簡単にいかない。

この事はNA先生もお見通しで、先生だって、いい加減堂々と指導した通りにバレエを踊ってほいいと思っている。
言葉を変えて、アプローチを変えて、色々指導してくれるが、どうしても私の方が今一歩を踏み出せない。
先生から見るとイライラするんだろうな、こんな生徒。

今日、NA先生が発した言葉。
「どう言ってあげたらいいんだか・・・・。」

この言葉が全てを物語ってるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA先生の熱血指導

ここのところNA先生の指導はとても熱血だ。

何故にこんなに熱血なんだろう?
若い子、相手ならともかく、もう立派な中年のおばちゃん相手に。

次の発表会までにはまだまだ時間があるし。

やっぱ、この間の発表会、心残りがあるんだろうな。
前々回と前回の発表会の間、もっと厳しく指導しておけばよかったっていう心残りがあるんだろうな。
私からしてみれば、随分厳しくされたと思ってたけどなぁ。

とにかく、私は自分に甘いから、厳しくされすぎるぐらいが丁度いいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エシャッペ

バレエダンサーのエシャッペってとっても魅力的だと思う。
すらりと伸びた見事な脚のライン。 エシャッペが綺麗だとバレエがとっても上手に見える。
(実際、上手なんだけどね。)

とにかく、あのラインにはあこがれる。

残念ながら、私の脚は足首がとっても太いサリーちゃんのような脚だし、おまけにO脚だから膝と膝はひっつかないし。
書いていて嫌になってきた・・・・。

とにかく、そんな脚だからエシャッペをしてもすらりとしたラインにはならない。

でもYO先生がもっとすっとした脚になれるよって言うんだよね。
YO先生に言われるとそんな脚になれるような気がする。 不思議だよね。

すっとしたエシャッペが出来るように頑張ってみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度はアレグロ

実はアレグロが好きだったりする。

でも、これが超苦手。 でも、アレグロが好き。
思った通りに動けたらいいのになぁ~と思いながら、日々のレッスンで惨敗している。

そして、今日も苦手なアレグロの時に、例の「もう10年やってる」発言が出た。 順番はいつも覚えたつもりでいるんだけど、どうしても思った通りに身体が動かず、やり遂げられずに惨敗する。

そして今日も惨敗…。

で、NA先生には「脚を出して動く!」と怒られてしまった。

そうなんだよね・・・。 出来ないからってちょこまか動くから、余計に惨敗しちゃうするんだよね。

なんとかしたいな、アレグロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーダの振付確認

先日、小品のコーダ部分の振付が終わった。

でも、集中力が減ってきていて、振付自体が苦手なパが多いので、一向に頭に入ってこない。
何度も、何度も頭の中でイメージトレーニングをするけど思いだせない部分はどうしようもない。

と言う事で、又してもTO先生にお願いして再度振付を確認してもらった。

だいたい、他の人はどうやっていとも簡単に振付を覚えているんだろう?
特に、ここ最近の集中力のなさは尋常じゃない。 年齢のせい?
それとも病気のせい?

いづれにしても出来ないのは自分の至らなさなので、年齢や病気のせいにするのはあきらかに言い訳だ。

まだ少し時間がある。

イメージトレーニングを続けていけばそのうち覚えられるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採寸

今日は発表会衣装の採寸日。

ちょっと早くない? まだ5ヶ月もあるから全然ダイエットしてないよ。

今、測ってもし5ヶ月後に衣装が入らないもの悲しいけど、何も変わらず・・・っていうもの悲しいよね。

そのままっていうもの、これ又悲しい。

とりあえず、ちょっとづつ始めましょうか、ダイエット。

1ヶ月、1キロとしても5ヶ月で5キロ減るはず! この際、半分でもいい!

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪のI先生

今日は月に一度のI先生のレッスン日。

でも、先生は風邪だった。 バレエの人達は生徒も風邪ぐらいじゃ休まないけど、先生だって、風邪くらいでは休まない。

当然、I先生はやってきた。

でも、さすがのI先生だってこんな日は頭が働かない。

NA先生の場合、こんな時は、とんでもなく難しい事をさせるんだけど、I先生は逆だった。

それにしても・・・。 こんな時でも、I先生って相変わらず動きが美しい。

やっぱ、大人からのバレエってそれなりにハンデがあるね。

一度でいいから思うように動いてみたいなぁ。

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« アンバテの闇練